*

赤ちゃん部屋づくり 基本編

公開日: : 最終更新日:2017/01/30 赤ちゃん部屋作り

赤ちゃんのお部屋、スペースを作ろうと思っても、
いったい何をすればいいのかわからないですよね。

赤ちゃんにとって安全な部屋を作るのはもちろんのこと、
快適で健やかに過ごせる部屋にしたい。

ママパパ目線でいうと、
大変な育児を少しでも楽に、スムーズにできるような工夫がしたい。

贅沢を言えば、外国のキッズルームのように、
インテリアコーディネートも素敵に、
いるだけで楽しくなるようなお部屋にできたら最高!!

赤ちゃんのこと、育児のことを考えると叶えたい理想がいっぱい!ですよね。

今回は、赤ちゃんの部屋づくりをするための基本をご紹介します。

①収納場所場所を決める 
 ①-1 ストック場所を決める
 ①-2 細々としたケアグッズをまとめる

②安心して赤ちゃんが過ごせる場所を作る
 ②-1 寝室作り
 ②-2 赤ちゃんの昼間スペースを作る

スポンサーリンク

①収納場所場所を決める 

 ストック場所を決める

おむつやミルク、消耗品のストックを置く場所を用意しましょう。
赤ちゃんを家に迎えて、これまでよりずっと荷物が増えたと感じていませんか?
中でもママパパだけでは家の中には無かった必需品が一気に増えてしまうものです。

赤ちゃんを家に迎えるのに合わせて、
まずは赤ちゃんのための「収納場所」も用意してあげましょう。

特にお勧めなのが、おむつやおしりふき、ミルクなど、
まとめ買いしてストックしておく消耗品の指定席を作る事です。

次々に使うので、買いだめすることの多いおむつは、
場所を取るので、場所を決めておかないと、出しっぱなしになって、
部屋が散らかった印象になる原因に。

ストック場所を決めておくことで、在庫がわかるので、
買い足すタイミングもつかみやすくなります。

赤ちゃんがいると、お買い物だって好きな時にいけませんから、
必需品の管理ができていると、
夜中におむつがない!なんて非常事態を避けられることにもなりますよ。


ペリカンボックス

何を買えば分らなかったら、こんな収納がおすすめ
重ねられて、買い足しも簡単。
がばっとふたが開けられてさっと閉められるから片づけも簡単です。

おむつなどの収納に使ったり、場所を変えて子供のおもちゃ箱に。
ばらばらにして、ゴミ箱、洗濯前の汚れ物をいれたり、
台所で野菜の収納にしたり…

生活に合わせて、ずっと活躍してくれること間違いなしです。

細々としたケアグッズをまとめる

細々として赤ちゃんケアグッズはシーンごとにひとまとめに。

赤ちゃんと暮らすと、それまで夫婦ではいらなかったグッズが増えてきて、
散らかる原因になりますよね。

おむつを替えたり、お風呂に入れたり、風呂上りのケア、ミルクを上げて…
慣れないとてんてこ舞いになってしまいますよね。
ついつい、お片付けは後回し。
次のお世話をするときに、必要な物が見つからないなんてことにならないように、
赤ちゃん用品はシーンごとにまとめておきましょう。

細々としたものをまとめられるカゴや箱を用意して、
使った後は放り込んでおくだけで、ものの場所が分らない事態を回避できます。

赤ちゃんグッズを居れたカゴは、棚を一つ用意して、
使った後はそこへ戻すようにするといいですよ^^
物がどこにあるのかわかることで、
お仕事で昼間赤ちゃんのお世話ができないパパも、お手伝いがしやすくなります。

  • おむつ替え
     おむつ数枚と、おしりふきをワンセットにして、寝室とリビングに用意。
     昼間と夜間、過ごす場所ごとに用意しておけば、
     気が付いたときにすぐにとりだせて、赤ちゃんを待たせずにすみます。
  • お風呂上りケア
     赤ちゃん用の綿棒、クリームやオイル、ブラシ、爪切り…etc
     一つ一つが小さいグッズこそ、カゴにいれて散らばらないようにしておきましょう。
  • ミルク
     哺乳瓶は特に、細長くて倒れやすいので、
     プラスチックのカゴなどにいれて保管すると、取り出す時もスムーズ。
  •  


ピリエ スクエア
折りたためる、上部を巾着で閉められる、サイズが豊富。
便利な機能がまるっとそろった、便利な布製カゴ。
色・柄が豊富でお気に入りが必ず見つかります。

シンプルなつくりだから、将来は玩具や雑貨の収納にも◎

②安心して赤ちゃんが過ごせる場所を作る

寝室作り

夜眠る寝室を赤ちゃん仕様にする

日本では、ママ・パパと寝室を共有するスタイルが一般的ですよね。
これまで夫婦で眠っていた寝室に赤ちゃんを迎える場合は、
・添い寝
・ベビーベッドを入れる

この二通りだと思いますが、共通して大切な、
赤ちゃんのための空間づくりのコツは、
・安全
・明かり
・空気
この3つです。

ベッドを配置する場所、添い寝でスペースを作る場所の近くに、
倒れてくるような家具は無いか確認しましょう(安全)

赤ちゃんが眠る場所は、電気の真下じゃない方がベター。
明るすぎて、刺激がつよいからです。
また、夜の授乳の時間、おむつ替えのときにさっと電気をつけられるように
手元のランプを用意する、リモコン式で天井照明を操作できるものにするなど、
快適な「照明」を用意しましょう。

最後の空気は、「風通し」と「湿度」「気温」です。
エアコンの吹き出しの風があたない場所をベビーの場所にして、
毎日喚起を行いましょう。

気温・湿度ともに、赤ちゃんが快適に眠れるように調整してあげます。

【参考】寝室作りの過去・別の記事を参照するには…

関連記事

ベビーベッド派の部屋作り

ベビーベッド派の赤ちゃんの寝室作り

夫婦二人での暮らしの中に、 新しく家族として迎える赤ちゃんの居場所をどう作るか、 悩みどころです

記事を読む

赤ちゃんの昼のスペース リビングの作り方

昼間にママが台所で仕事をしている間、リビングでくつろいだり、 ダイニングで食事をしている時間、赤ち

記事を読む

賃貸でもおしゃれでかわいい子供部屋作り

賃貸のお部屋で暮らしていると、 子供がいてもいなくて、インテリアに制約が付きものです。

記事を読む

よちよち歩きを始めたら!キッズルームづくりのポイント

子供が自由に歩き回れるようになると、 それまでの眠っている赤ちゃんのためのお部屋とは違った

記事を読む

赤ちゃん部屋作り、お片付け

お片付け上手になる収納の作り方

赤ちゃん・子供の成長とともに、活動範囲が広がり、 自分でものを動かせるようになると、 お部屋が一

記事を読む

大人の部屋に子供の空間を作る。

大人の部屋に子供の空間を作る。

大人のインテリアを、子どもも楽しい部屋にチェンジ!! ずっと寝ているだけだった赤ちゃんが、

記事を読む

家でおこりやすい赤ちゃんの事故

赤ちゃんが徐々に自由に動けるようになってくると、 それにともなって、お家の中で事故が起きやすく

記事を読む

収納アドバイザーに聞く妊娠中にできる赤ちゃん部屋作り

出産準備グッズを買う前に!やっておくと安心する部屋づくり

整理収納アドバイザーにきく、赤ちゃん部屋作りについて つわりも落ち着き、マタニティライフにもな

記事を読む

添い寝ができる布団で作る赤ちゃんの部屋作り

布団で眠る、赤ちゃんの寝室作り

お部屋が狭くて、ベビーベッドが置けない家庭、 添い寝が好きだから敢えてベビーベッドを置かない、

記事を読む

赤ちゃん部屋作り、添い寝派?ベビーベッド派?

赤ちゃん寝室 添寝派?ベビーベッド派?

みんなの赤ちゃんの「寝室」事情 日本では、赤ちゃんとママパパが一緒に眠るのが一般的。 という

記事を読む





テーブル・クッション付きのおすすめベビーハイチェアBOME

ベビーチェアは、「食事」と「会話」の時間を過ごす大切な家具 離乳

赤ちゃんの昼のスペース リビングの作り方

昼間にママが台所で仕事をしている間、リビングでくつろいだり、 ダイニ

いよいよ始まったハイハイ。はいはい赤ちゃんの部屋作りを抜かりなく進めよう

ケガなく安全に。お部屋を整えて赤ちゃんに新しい世界を楽しんでもらおう!

はじめての赤ちゃんとの暮らし、冬の部屋作りに揃えたアイテム

まだわが子がお腹にいるころ。はじめての赤ちゃんとの生活を前に、かわいい

出産し赤ちゃんと暮らして8か月。ベビーベッドは実際のところ使って良かった!!

初めての出産と育児。ベビーベッドを使って良かった! これまで赤ちゃん

収納アドバイザーに聞く妊娠中にできる赤ちゃん部屋作り
出産準備グッズを買う前に!やっておくと安心する部屋づくり

整理収納アドバイザーにきく、赤ちゃん部屋作りについて つわりも落

幸せいっぱい!お腹が大きくなったりお部屋作りしたり…妊娠期間を素敵にまとめた動画集

妊娠がわかってから、出産まで… 日々変わる体調に最初のうちは振り回さ

→もっと見る

PAGE TOP