*

赤ちゃんを迎えて、幸せいっぱいのお部屋作り

家族が増えて、忙しく大変でありながらも、幸せいっぱいのお家。
「赤ちゃん部屋作り.com」では、 赤ちゃんとが健やかに成長し、
ママパパが安心してその様子を見守れるお部屋作りについてまとめています。

昼の時間、赤ちゃんがママと一緒にリビング過ごすための快適グッズ



たっぷり詰まった綿のクッションが、赤ちゃんをしっかりと包み込む、
「【洛中高岡屋】のせんべい座布団」

昔ながらの和風生地を使いながら、
色使いがおしゃれで北欧風インテリア、シンプルナチュラルなお部屋にマッチするデザイン性が人気です。
ねんね期はもちろん、高さがないから寝返りを打つ頃でも安心。
おもちゃを周りにおいて、プレイマットにもピッタリです。
リビングでの赤ちゃんの定位置に。

生地・デザイン、重さなどの詳細はこちらから




成長に合わせて4パターンに変身!
長く使える新発想の日本製マルチチェア▶


ゆりかごと椅子の間のような、BSCR(ビスクル)は、
ずっと使える新発想のマルチチェア。
便利で、とくに日中ママ一人で赤ちゃんを見る必要がるならあると大助かりのバウンサーですが、成長の早い赤ちゃんにぴったりと使える期間は案外短いものです。

BSCRなら、初めはゆりかご、次にバウンサー、チェア、楽しく遊べるロッキングポニー、お友達と座れそうなカウチソファ…と、赤ちゃんの成長とともにずーーっと使い続けることができます。



生地・デザイン、重さなどの詳細はこちらから

赤ちゃんの成長に合わせて、ずっと使える!

色のバリエーションも豊富です

赤ちゃんの成長に合わせて、ずっと使える!

BSCRマルチチェアの詳細


バウンサーリーフ 海外で人気のおすすめ 赤ちゃんの寝室にぴったりのお布団
おもちゃだけ外してベビーカーにもつけられる!
【知育】新生児から使える!しげきいっぱいのプレイジム こちら▶
ママが抱いているようなやさしい横揺れ。
寝つきが悪い赤ちゃんに試してほしいバウンサー▶
赤ちゃんのための素材・サイズ・重さを採用した理想のお布団
ベビーベッドにぴったり収まるオーガニックプレミアムコットンのベビー布団(8点セット)




例えば…お昼にリビングで赤ちゃんと一緒に過ごしたい。
できればおしゃれで、赤ちゃんが快適に過ごせて、長く使えるものが良いし、もちろん国産の安心なものを!

赤ちゃんが生まれると、これまで以上に物を選ぶことに気を使うようになり、大変と感じるママも多いのではないでしょうか。 正直色々ありすぎて、選べない。効率的に良いものを探したい(; ;)

こんな思いをした自身の経験から、安心で快適でおしゃれな部屋作りに使えるアイテムをまとめたのがこのサイトです。

たとえば、京都老舗布団屋さんがつくった、せんべい座布団。 国産で安心なのはもちろん、日本っぽさもありながらモダンでかわいい生地にまず目を引かれ、次に使い勝手の良さにほれ込んで思い切って使ってみたら、すごく良かった赤ちゃんアイテムの一つです。 赤ちゃんのリビング家具、居場所にはざぶとんがおすすめ
昼の赤ちゃんの指定席。眠ったらそのまま抱いて運べます▶

寝たら出来るだけたくさん寝てほしいのがママとしてのホンネですよね^^; それを叶えてくれて、今では子供のお気に入りの遊び場として活躍してくれています。

思い切って買った過去の自分に感謝したいアイテムです。 あとから出産するお友達にもオススメしていますし、兄弟に赤ちゃんができたら出産のお祝いに贈りたいと思えるほどです。

理想のお部屋作りを応援します!



置くだけで理想のお部屋に近づく、おしゃれで実用的なキッズ家具特集▶



ずっと眠っていることが多い「ねんね期」から、
寝返りが打てるようになり、ハイハイができるようになる「はいはい期」
テーブルや椅子につかまって立てるようになる、「たっち&つかまり立ち期」、 つかまらずに、支え無で歩けるようになる「よちよち期」


・・・色々な赤ちゃんの成長の段階に合わせて、
必要なお部屋作りのポイントは変わってきます。


・安全に、快適に過ごせるお部屋、
・子供が周りに興味をもって、楽しく遊べるお部屋
・ママパパがお世話しやすいお部屋
・おもちゃを自分でだして、お片付けできるお部屋
・1人ね、1人遊びなど自立心を養うことができるお部屋


赤ちゃんそれぞれの成長、性格に合わせて、
最適な環境を作れるように、
理想の赤ちゃん部屋・子供部屋を作っていきましょう!


せっかくなら、洋書にのっているような、 おしゃれで夢のあるお部屋作りがしたいですよね!
参考になるような、眺めているだけでも楽しくなるような
画像集も作っていきますので、ゆったりと、楽しんでいってください♪




これなら買ってももったいなくない!!大きくなってもずっと使える多機能キッズ家具

赤ちゃんの成長に合わせて組み替えたり高さを変えたりと、長くずっと使える便利なキッズ家具を集めました。
ハイ&ロー&ロッキングチェア。1台で三役のベビーチェア
ダイニングに合わせてハイチェア、ソファやローテーブルでの食事スタイルに合わせてローチェアなどライフスタイルの好みや変化に合わせて高さを変えられるベビーチェアが人気です。
ロッキングチェアとしても使えるので、ゆらゆら揺れながらお絵かき、ブロック遊びなどご機嫌に遊べるお気に入りの場所にるはずです。

7ヶ月~60ヶ月(5歳)まで対応 3in1 チェア Cozy(コージー)の詳細

テーブルをつけたり外したり座面の高さを変えたり。ひとつで色々な表情を見せます。 赤ちゃんの成長に合わせて、テーブル付きの赤ちゃん専用の食事椅子として、成長したら大人のテーブルに付けて使うなど変化させて長く使えます。 7ヶ月~大人もOKの体重80kgまで対応 テーブル・クッション付きの【BOME-ボメ-】の詳細




赤ちゃん部屋作り.comの最新記事

赤ちゃん部屋作り.comの最新記事はこちらからご覧いただけます。



大人の部屋に子供の空間を作る。

大人のインテリアを、子どもも楽しい部屋にチェンジ!! ずっと寝ているだけだった赤ちゃんが、 ちょっとずつ起きている時間が長くなり、遊べるようになってきたら、 大人だけのお部屋の中に、子どもの

続きを見る

よちよち歩きを始めたら!キッズルームづくりのポイント

子供が自由に歩き回れるようになると、 それまでの眠っている赤ちゃんのためのお部屋とは違った お部屋づくりが必要になります。 お部屋づくりにこれ!という正解はありません。 子供たちが楽し

続きを見る

賃貸でもおしゃれでかわいい子供部屋作り

賃貸のお部屋で暮らしていると、 子供がいてもいなくて、インテリアに制約が付きものです。 今回は、賃貸ならではの悩みに焦点を当てて、 赤ちゃん部屋づくりについてまとめていきます。

続きを見る

家でおこりやすい赤ちゃんの事故

赤ちゃんが徐々に自由に動けるようになってくると、 それにともなって、お家の中で事故が起きやすくなってしまいます。 指やはさみ、誤飲、転倒など… 安全面にも気を使って、インテリアを考えまし

続きを見る

子供中心のお部屋から脱却!大人も楽しめる子供部屋の演出方法

ベビーが生まれて、ハッピー、でもお家のなかは… 子供が生まれると、家の中は子供中心に変化していきます。 子供用品が部屋に増えて、 おもちゃが散らかっていたり、 ご飯やお風呂など生活時間も子供中

続きを見る

お出かけグッズ、洋服の収納 子どもにベストサイズの収納家具

お家でも、片づけ習慣。身支度は自分でさせましょう 子供が保育園、幼稚園に通うようになると、 それまでとは違うものが、家の中にあふれるようになってきます。 お出かけ用の服や制服、カバン、 カ

続きを見る

増えても大丈夫、安全で使いやすい、おもちゃ収納

理想のおもちゃ収納 どんどん増えるおもちゃの収納は、片付かないお部屋の原因ですよね。 散らかすたびにママがお片付けをしていては、 子供に片付けをする習慣が付きません。 子供が自分でお片

続きを見る

カラーボックスにぴったり。雑貨。おもちゃ収納に!折りたためる、布製箱収納グッズ

ホームセンターなどで手軽に手に入る軽家具の代表、と言えば シンプルな2~3段の棚、カラーボックスではないでしょうか。 ネジを締めて、背板を入れるだけで完成する、 女性でも簡単に作れるのが魅力

続きを見る





テーブル・クッション付きのおすすめベビーハイチェアBOME

ベビーチェアは、「食事」と「会話」の時間を過ごす大切な家具

赤ちゃんの昼のスペース リビングの作り方

昼間にママが台所で仕事をしている間、リビングでくつろいだり、 ダイニ

赤ちゃんのころから絵本に親しもう、赤ちゃんにおすすめの絵本
絵本をネットで試し読み。本棚にお気に入りの本をそろえて本好きな子に

お子さんに絵本が好きになってほしいと思う親御さんは多いですよね。 絵

赤ちゃんの階段からの転落防止のために、階段上ベビーゲート
赤ちゃんの転落防止に、安全に階段上設置できるベビーゲート

2階建て以上の一戸建てや、メゾネットマンションにお住まいの方は、赤ちゃ

赤ちゃんの侵入、転落、危険防止のベビーゲートの選び方

赤ちゃんのハイハイが上手になると、赤ちゃんにとって危険な場所へ入ってし

手軽に手作りを楽しもう。赤ちゃんのお部屋におすすめのモビールの作り方&アイディア

ゆらゆら風にゆれるモビールは、優しくて可愛らしい雰囲気が赤ちゃんのいる

赤ちゃんのお部屋にお勧めの暖房器具、危険性は?使う時の注意

生まれたばかりの赤ちゃんは、体温の調整機能が未発達で、外気に影響さ

→もっと見る

PAGE TOP