*

ベビーベッドのススメ・選び方

公開日: : 最終更新日:2018/01/16 インテリア家具, ベビーベッド

赤ちゃんの寝室作り、ベビーベッド派のためにベビーベッドの選び方をご紹介します♪

「ベビーベッドって必要かな?」赤ちゃんの為の部屋作りを始めると、
まず考えることではないでしょうか?
「要らない派」「必要だった派」ながわかれるところですが、
今回はベビーベッドの採用を迷っているパパママのために、ベビーベッドについてまとめます。

スポンサーリンク



ベビーベッド色々あってどれにしたらいいかわからない…

この記事にたどり着くまでも色々と見比べて、どのベビーベッドにしたらいいのかわからなくなってしまった…ネット上で迷子になってしまったようになっている方もいるかもしれませんね。
そんな方にずばり、選んで間違いのないベビーベッドのポイントを絞って答え合わせするとおすすめなのは、

  • 高さ調整ができるもの
  • 収納を確保できるもの
  • ツーオープンタイプ

この3点を、スペースに合わせたサイズで選びましょう。
特に最後の点、ツーオープンタイプはベビーベッドを購入するならぜひ選んでほしい機能です。


通常サイズのベビーベッドでまよったらこれを選んで正解、のベビーベッドです。
ツーオープンタイプは狭めの寝室にベビーベッドを置きたいとき、お引越しや模様替えが多くてベッドの位置を変えることがあるご家庭に特におすすめです。
普通のハイタイプのベッドよりも高い、ベッド高70cmまで設定が可能なので、身長の高いママや、パパもお世話をがんばる家族にピッタリ。
一番低い位置で45cmのベッド高に設定もできるので、座ってお世話をしたい派でも難なく使えます。
ツーオープンタイプのベビーベッドの詳細を見る



詳細をもっと見るにはこちらからです。

必要な理由1
 赤ちゃんのための安心・安全・健康的な環境づくりのため

一日のほとんどを眠って過ごす赤ちゃんが安心して過ごせるスペースを確保でき、周りの危険物から守ることができます。
床上数センチの高さは、ホコリがいつでも舞っているので、ベビーベッドなら埃やダニから赤ちゃんを遠ざけることができ、健康的に安心です。

必要な理由2
 お世話がしやすいから


産後回復期のママのお疲れな体の状態を考えると、お世話にかかる負担は最小限にしたいもの。ベビーベッドがあれば、ママの身長にあわせて、抱き上げるのが楽な高さにセットしたり、かがまなくてもおむつ替えができるようになります。

身長の高いパパにとっても、高さのあるベビーベッドの方が格段にベビーのお世話がしやすいはずです。

+α 収納場所を確保できる

ハイタイプのベビーベッドなら、床板下にベビーのお世話グッズをまるごと収納出来ちゃいます。

オムツ、おしりふき、ベビーパウダーなど世話に必要なグッズを大容量でまとめておけるのは賃貸のお宅などでは特に助かります。
※最大収納容量、重量はベビーベッドによって異なります。

収納力が魅力のハイタイプのベビーベッド
収納力が魅力のハイタイプのベビーベッドの詳細はこちら

ベビーベッドの選び方3ステップ ①サイズで選ぶ

赤ちゃん部屋作り ベビーベッドの選び方ステップ1 サイズを選ぶ
ベビーベッドを選ぶために、まずはサイズを決めましょう。
お家のスペースに応じて選んだり、日中はリビングに出せるようにドアから出せるサイズを選ぶなど、スペースと生活パターンから選びます。

ベビーベッド/標準サイズ

赤ちゃんの部屋作り ベビーベッド標準サイズ
標準サイズのベビーベッドはこちら▶


市販の赤ちゃん用お布団が使える、一番スタンダードなサイズ。
外寸が75~77cmなので、お家のドアの大きさ・幅によっては、
組み立てた状態でドアを通り抜けられないので、
一日の中で、お昼はリビングに移動したいなど、
移動を考えている人なら購入前にサイズをきちんと確認しましょう。

内寸: 幅120×奥行70cm
外寸: 幅125×奥行75~77cm

このサイズのベビーベッド一覧

ベビーベッド/ミニサイズ


超小型のベビーベッド
ミニサイズのベビーベッドはこちら▶

お部屋間の移動がしやすい、ベビーベッド。
ドアはもちろん、廊下も無理なく通れる幅です。
寝返りをうつには充分な広さはあるものの、少し大きくなってから、
遊び用のサークルとして活用することを考えるなら、
小さすぎるかもしれません。

ねんね期~寝返り期くらいまでの短期間用にならオススメ。

内寸: 幅90×奥行60cm
外寸: 幅95×奥行68

このサイズのベビーベッド一覧

ベビーベッドの選び方3ステップ 
②ベッドの高さで選ぶ

お部屋にピッタリのベビーベッドの幅×奥行きのサイズが決まったら、
次は、「使い勝手」「お世話スタイル」から、
ベッドの高さを選びましょう。

高さ調整可能なベビーベッド、開口部分も二か所
▶ハイタイプ・ロータイプ…どちらがいいか迷ったら、調整可能なベビーベッドがおすすめ

ロータイプのベビーベッド

ロータイプのベビーベッドは、高さが約85センチ程のものが主流。
床板を外して、ベビーサークルとしての活用も出来ます。
低いから、圧迫感が少なく、部屋が広く見える効果があるほか、
大人のベッドと並べて、添い寝感覚で使うこともできます。

デメリットとしては、床板が低いことで、
床板下の収納スペースが少なくなってしまうこと、
かがまないとお世話が出来ないので、
ママによっては、産後しばらくは体勢が辛いこともあるかもしれません。

ハイタイプのベビーベッド

高さが115㎝程が主流のベビーベッド。
床板下のスペースが広く、パパママが立ったまま赤ちゃんのお世話や、
赤ちゃんの乗降ができます。

ロータイプの様に、ベッドに付けて添い寝をすることができないので、
夜泣きがある時期や、夜の授乳が頻繁な時期など、
お世話に起き上がるのが辛い、という方もいるかもしれません。

また、筆者個人的な体験談をすると、
身長150cmの女性だと、
ハイタイプの柵を上げた状態では、赤ちゃんの乗降はほぼ、不可能…に感じました。

もちろん、柵を下げればいいのですが、自宅に1人の時間に、
赤ちゃんをやっと寝かしつけたと思ったら、うっかり柵が下りていなくて、
赤ちゃんをベッドにおろせない…となると、泣きたくなるかもしれません汗。

ベビーベッドの選び方3ステップ 
③家族構成に合わせて、ベビーベッドを選ぶ

お兄ちゃん、お姉ちゃん、またはペットがいる家庭なら、
ハイタイプまたはネットベッドがおすすめ。

元気いっぱい、お世話したがる兄姉がいても、
赤ちゃんに興味津々のペットがいても
柵を上げておけば、いたずらされることもありません。

家族みんなが、赤ちゃんと楽しく安全に暮らせるように、
ベッドを活用しましょう♪
お兄ちゃん、お姉ちゃんまたはペットがいる家庭でのベビーベッド

いかがでしたか?
どんなベビーベッドがお世話がしやすいだろう?赤ちゃんがすごしやすい?
そんな視点でご家庭や育児環境にあった一台を見つけて、忙しい毎日を少しでも楽に過ごせることを願っています!

関連記事

赤ちゃん・子供がいてもおしゃれで可愛い。手のかない場所を飾って楽しむインテリア~窓辺辺~

壊れものを手の届くところに飾れない、 赤ちゃんや子供のいるお家で、雑貨を飾るなら、ウォールデコレー

記事を読む

産後ケアのママにも、ねんね期から赤ちゃんにも使える抱き枕

後回しにしがちなママの産後ケアを毎日の睡眠から 赤ちゃんに恵まれて、幸せな日々。 でも、妊娠、出

記事を読む

カラーボックスにぴったり。雑貨。おもちゃ収納に!折りたためる、布製箱収納グッズ

ホームセンターなどで手軽に手に入る軽家具の代表、と言えば シンプルな2~3段の棚、カラーボックスで

記事を読む

床から楽しい!個性的でかわいいラグマット、タイルカーペットのコーディネート画像集

赤ちゃん、歩き初めのころに子供にとっては 床から80㎝が世界の全てです。 赤ちゃんにとって楽

記事を読む

増えても大丈夫、安全で使いやすい、おもちゃ収納

理想のおもちゃ収納 どんどん増えるおもちゃの収納は、片付かないお部屋の原因ですよね。 散らか

記事を読む

1人で眠れる、スヤスヤお休みアイテム

子供部屋があって、子供専用のベッドがあるなら、 1人でお部屋で眠れるように、お部屋を整えてあげまし

記事を読む

ベビーベッド派の部屋作り

ベビーベッド派の赤ちゃんの寝室作り

夫婦二人での暮らしの中に、 新しく家族として迎える赤ちゃんの居場所をどう作るか、 悩みどころです

記事を読む

赤ちゃんインテリア・家具の通販ショップ、ブランド&シリーズ一覧

赤ちゃんの部屋作りに役立つ、通販ショップ、ブランドやメーカーについて一覧をつくりました。 これから

記事を読む

お出かけグッズ、洋服の収納 子どもにベストサイズの収納家具

お家でも、片づけ習慣。身支度は自分でさせましょう 子供が保育園、幼稚園に通うようになると、 それ

記事を読む

ピンクの優しい色合い。カトージのベビーべッドおすすめコーディネート

ベビーベッドのコーディネート

ベビーベッドを使ったベビールームのコーディネートを集めました。 赤ちゃんが日夜を過ごすベビーベ

記事を読む





テーブル・クッション付きのおすすめベビーハイチェアBOME

ベビーチェアは、「食事」と「会話」の時間を過ごす大切な家具

赤ちゃんの昼のスペース リビングの作り方

昼間にママが台所で仕事をしている間、リビングでくつろいだり、 ダイニ

二人目誕生。上の子と赤ちゃんの部屋づくり
二人目誕生。兄姉がいる場合の赤ちゃんの部屋づくりはどうする?

二人目の赤ちゃんが誕生し、家族がますます増えてにぎやかに! 喜ばしい

授乳服おすすめタンクトップ
ママでもおしゃれがしたい!授乳中でもファッションを楽しむために。

赤ちゃんとの生活に慣れて、すこし余裕が出てくると、自分のことにも気を回

赤ちゃんのころから絵本に親しもう、赤ちゃんにおすすめの絵本
絵本をネットで試し読み。本棚にお気に入りの本をそろえて本好きな子に

お子さんに絵本が好きになってほしいと思う親御さんは多いですよね。 絵

赤ちゃんの階段からの転落防止のために、階段上ベビーゲート
赤ちゃんの転落防止に、安全に階段上設置できるベビーゲート

2階建て以上の一戸建てや、メゾネットマンションにお住まいの方は、赤ちゃ

赤ちゃんの侵入、転落、危険防止のベビーゲートの選び方

赤ちゃんのハイハイが上手になると、赤ちゃんにとって危険な場所へ入ってし

→もっと見る

PAGE TOP