*

出産準備グッズを買う前に!やっておくと安心する部屋づくり

公開日: : 最終更新日:2015/10/18 収納, 赤ちゃん部屋作り

収納アドバイザーに聞く妊娠中にできる赤ちゃん部屋作り

整理収納アドバイザーにきく、赤ちゃん部屋作りについて

つわりも落ち着き、マタニティライフにもなれてくると、
「お腹が大きくなる前に…」と、赤ちゃんを迎えるための準備に取り掛かりたくなるものです。

とくに、5ケ月をすぎて、一般的に安定期といわれるタイミングでは、
赤ちゃんとの時間を想像して、うずうずと色々したくなるものです。

普段からインテリアが好きな方なら、
またはお部屋が狭くて工夫して生活しなくては!という問題意識を持っているかたにとっては、
洋服やケアグッズとならんで、
お部屋作りをどうしよう?というのは気になるところですよね。

そこで、整理収納アドバイザーさんのかいた、
部屋作りについての記事をご紹介したいと思います。

家族が一人増えることで、必然的に増えてくる荷物、
うまく片付けて素敵で快適なお部屋を保ちたいですね!

赤ちゃんを迎える為の部屋作りポイント① 暮らしのイメージをもつ

初めての出産ならなおさら…
二人目以降でも、やっぱり家族が増えるのは嬉しいし不安も。。。
そんなとき、インターネットやプレママ本など色々な情報が目に入るものです。
でも、情報が多すぎていったい本当はないが必要なのかわからない…
なんてことになってしまう方も多いハズ…

そんなときはまずは慌てず、出産後の暮らしをイメージすることが大切です。例えば、部屋の間取りや生活習慣などからベビーベッドは使うのか、日中一番長く過ごすのはどの部屋なのかなど、赤ちゃんとの暮らしのイメージをもつことで、自分の家に必要な物が見えてきます。

「最新」「便利」といわれる育児出産グッズでも、
生活スタイルをイメージすれば、意外に必要じゃないと判断できるものが多いのかもしれません。
むやみに買って無駄にしちゃうことがないように、
赤ちゃんとの暮らしをイメージする時間を持つのは確かに賢い方法ですね。

赤ちゃんを迎える為の部屋作りポイント① 必要なグッズを選択する

生活のイメージが固まれば、その為に必要なグッズを選んでいきます。
この「選ぶ」という作業、お買い物が好きな方、
ものにこだわりがある方なら妊娠期間中の最大の楽しみになるかもしれません。

でもここではあくまで“選択”。実際に用意するのはまだ先です。

初めてのお子さんの場合は、先輩ママの体験談なども参考にしながら、どのサイズのものが良いのか、デザインは? 予算は? など、じっくり考えて決めていきましょう。そうすることで、最初必要だと思ったグッズも、今あるもので代用できたり、出産後の検討で間に合いそうだと気づいたり……ということもあるかもしれません。

ふむふむ。
あわてて購入してしまわないように、

  • サイズ・デザイン
  • 機能
  • …を比べて、

  • 予算
  • …で決めていくというのが賢い方法のようです。

    場合によっては、代用するというのもあるんですね。

    赤ちゃんを迎える為の部屋作りポイント① スペースの確保

    実際に購入するグッズの種類や量がきまったら、
    いよいよお部屋にどう配置、収納するかを決めていきます。

    今のお部屋の収納に余裕があるなら、
    赤ちゃん用のスペースを決めるだけでOKですが、
    余裕がないなら、持ち物を整理して新しくスペースを確保する必要がありますね。

    そのとき肝心なのが、暮らしのイメージをしたときに見えた“行動動線”! 

    赤ちゃんのお世話グッズは日中過ごす場所の近くに収納した方が便利ですよね。そんな風に意識しながらスペースを確保して、出産後なるべくストレスがかからない環境を目指しましょう。

    今回は妊娠中にやっておくと安心する部屋づくりについてお伝えしました。いかがだったでしょうか?

    まずは慌てず、グッズ購入前にスペースの確保を心掛けること。安定期だからと無理はせず、赤ちゃんとの暮らしを楽しみにしながら、少しずつ準備を進めていきましょう。

    参照:http://mmmedia.jp/2015/07/22/159162/(筆者:石村祐子)

    【関連記事】
    カラーボックスにぴったり。雑貨。おもちゃ収納に!折りたためる、布製箱収納グッズ

    赤ちゃん部屋づくり 基本編

    関連記事

    赤ちゃんのお部屋にお勧めの暖房器具、危険性は?使う時の注意

    生まれたばかりの赤ちゃんは、体温の調整機能が未発達で、外気に影響されて体温があがったり、下がりす

    記事を読む

    赤ちゃんの侵入、転落、危険防止のベビーゲートの選び方

    赤ちゃんのハイハイが上手になると、赤ちゃんにとって危険な場所へ入ってしまわないように、侵入・転落防止

    記事を読む

    赤ちゃんの部屋は何度が快適?新生児の部屋室温や温度についてまとめました。

    ママのお腹の中で羊水に包まれて快適に育ってきた赤ちゃん。生まれてからは胎内とは違って気温・湿度が変化

    記事を読む

    添い寝ができる布団で作る赤ちゃんの部屋作り

    布団で眠る、赤ちゃんの寝室作り

    お部屋が狭くて、ベビーベッドが置けない家庭、 添い寝が好きだから敢えてベビーベッドを置かない、

    記事を読む

    はじめての赤ちゃんとの暮らし、冬の部屋作りに揃えたアイテム

    まだわが子がお腹にいるころ。はじめての赤ちゃんとの生活を前に、かわいい部屋にしたい!でも男の子だしか

    記事を読む

    賃貸でもおしゃれでかわいい子供部屋作り

    賃貸のお部屋で暮らしていると、 子供がいてもいなくて、インテリアに制約が付きものです。

    記事を読む

    家でおこりやすい赤ちゃんの事故

    赤ちゃんが徐々に自由に動けるようになってくると、 それにともなって、お家の中で事故が起きやすく

    記事を読む

    子供中心のお部屋から脱却!大人も楽しめる子供部屋の演出方法

    ベビーが生まれて、ハッピー、でもお家のなかは… 子供が生まれると、家の中は子供中心に変化していきま

    記事を読む

    いよいよ始まったハイハイ。はいはい赤ちゃんの部屋作りを抜かりなく進めよう

    ケガなく安全に。お部屋を整えて赤ちゃんに新しい世界を楽しんでもらおう! これまでずっと寝たまま

    記事を読む

    大人の部屋に子供の空間を作る。

    大人の部屋に子供の空間を作る。

    大人のインテリアを、子どもも楽しい部屋にチェンジ!! ずっと寝ているだけだった赤ちゃんが、

    記事を読む





    テーブル・クッション付きのおすすめベビーハイチェアBOME

    ベビーチェアは、「食事」と「会話」の時間を過ごす大切な家具

    赤ちゃんの昼のスペース リビングの作り方

    昼間にママが台所で仕事をしている間、リビングでくつろいだり、 ダイニ

    二人目誕生。上の子と赤ちゃんの部屋づくり
    二人目誕生。兄姉がいる場合の赤ちゃんの部屋づくりはどうする?

    二人目の赤ちゃんが誕生し、家族がますます増えてにぎやかに! 喜ばしい

    授乳服おすすめタンクトップ
    ママでもおしゃれがしたい!授乳中でもファッションを楽しむために。

    赤ちゃんとの生活に慣れて、すこし余裕が出てくると、自分のことにも気を回

    赤ちゃんのころから絵本に親しもう、赤ちゃんにおすすめの絵本
    絵本をネットで試し読み。本棚にお気に入りの本をそろえて本好きな子に

    お子さんに絵本が好きになってほしいと思う親御さんは多いですよね。 絵

    赤ちゃんの階段からの転落防止のために、階段上ベビーゲート
    赤ちゃんの転落防止に、安全に階段上設置できるベビーゲート

    2階建て以上の一戸建てや、メゾネットマンションにお住まいの方は、赤ちゃ

    赤ちゃんの侵入、転落、危険防止のベビーゲートの選び方

    赤ちゃんのハイハイが上手になると、赤ちゃんにとって危険な場所へ入ってし

    →もっと見る

    PAGE TOP